小久保の路上に建つビルの6Fから

よく集まってくれたここで日本語で俺が伝えるべきことはひとつ

2011年2月4日の続きをここで始めよう

まずい日が変わる。いや変わっても何も問題はないが、ちょむこと id:gutcho が東京からiMacごと俺の部屋に来て滞在してくれた丸1ヶ月の中の1日、その日はもはや数週間前だがその日の勢いで用意したが結局放置か、と思われたこのブログの最初の記事を今日書いておきたかった。つまり俺は、今日、始めたかったのだ。お前が俺の背中を押してくれたんだよ。ありがとうな。ちょむもな。ありがとう。

始めるにあたり、諸事情によりプロフィールに関する欄(サイドバーのパーツ)は削除した。プロフィールに関する欄をなくしたかっただけで匿名でいたいというわけではない。既に個人の詳細情報はWebに公開されているし、リンクをたどれば俺がどこの誰で何をやっているかみんなすぐに分かる。使っているサービスはSNSを含め山ほどある。

ただ、あの時代のはてダ以降持ててなかったブログという媒体。ここにしか書けないこと、ここなら書けることを、書いていきたい。日本語で。

モンスターエナジー
新入りを見つけた。

デザインCSS追加内容

#box2-inner.hatena-module-profile {display: none;}
span.user-name-nickname {display: none;}
span.user-name-paren {display: none;}
header.entry-header {padding-bottom: 0.6em; padding-top: 0.2em;}
div.social-buttons {text-align: right !important; float: right;}

div.mix_embed {padding-top: 2em; padding-bottom: 2em; text-align: center;}

@media screen and (min-width: 499px) { 
    iframe.mix {width: 47%;}
}

div.guest-footer-content {display: none;}
p.services {display: none;}
span.footer-address-name {display: none;}

露骨にフルネームが表示されるのを避けたかったのと、フッターが気に入らなかったので微調整。

フッタHTML追加内容

<script src= "https://player.twitch.tv/js/embed/v1.js"></script>
<div id="twitch"></div>
<script type="text/javascript">
  if (!navigator.userAgent.match(/iPhone|Android.+Mobile/)) {
    var options = {
      width: 912,
      height: 513,
      channel: "x5gtrn",
      parent: ["x5gtrn.hatenadiary.jp"]
    };
    var player = new Twitch.Player("twitch", options);
    player.setVolume(0.5);
  }
</script>

デザインはレスポンシブにし、スマートフォンからの閲覧の場合はTwitchがフッタにembedされないようにした。

2011年2月4日のTweet

(2007年7月に作られたこのアカウントは2016年9月に完全に終結済)

後回しにするという考えではなく、やりたいことをやる前でも後でもやらなければいけないことはやるしかない。1日にできる決めた量と決めた時間のやらなければいけないことをやったのなら、もしくはやれるのなら、その日にやると決めた量と決めた時間のやりたいことをやればいい。大事なことは、どちらも1日の中に組み込み両方ともやるということと、決められることなくあらかじめ自分で決めるということ。集中できてるか?ルールはわかってるな?