小久保の路上に建つビルの6Fから

よく集まってくれたここで日本語で俺が伝えるべきことはひとつ

このブログの位置づけと役割が決まってきた

2020年6月、このはてなブログを開設したとき、

  • ブログ名: はてだだいすけ
  • ブログの説明: ますだのはてな

としていたのだけど、変更。これからのブログ名を、

小久保の路上に建つビルの6Fから

そして、ブログの説明を、

よく集まってくれたここで日本語で俺が伝えるべきことをひとつずつ

とした。現在ヘッダに書かれている通り。ちなみにヘッダ画像は住んでいるビルを出てすぐの路上を撮影したもの。この写真はいつか替えるかもしれない。

変更した理由は、

ただ、あの時代のはてダ以降持ててなかったブログという媒体。ここにしか書けないこと、ここなら書けることを、書いていきたい。日本語で。

2011年2月4日の続きをここで始めよう - 小久保の路上に建つビルの6Fから

ここ、日本語で、と書いたことによる。最近、というか近年海外志向で日本語で何か発信するならもう少し頑張って英語でやってけよ、と思っていて、だからこのブログに今書き殴ってるようなことができておらずそれが 書くと言う行為 そのものから自分を遠ざけてしまい結局マイナス面しかなかったと気づいたから。

で、 日本語で ときたとき記憶から一瞬であるフレーズが。このMusic Videoの中のフレーズ。

BOSSが、O.N.Oが、DYEが、どれだけ凄まじい存在なのか語る時はこれから無限に出てくると思うのでここでは省く。

俺はBOSSのように ひとつ と言えない。未だ ひとつ にできていない。それは俺が人生を全うするにあたりいいことなのか悪いことなのか、わからないが。このブログを通して ひとつ にしていく試みをしたい。そもそもその ひとつ は俺が今思ってもない ひとつ なのかもしれない。

2020年9月2日追記: 「よく集まってくれたここで日本語で俺が伝えるべきことはひとつ」と元歌詞の通りに変えた。

考え過ぎてしまう性格なのに、考えたからといって結果や成果に繋がらず、けれども色々と考えることを止められないのですが、疲れてしまうだけで、これを止めるには書き出すことだ、とずいぶん昔に気づいていたことを、思い出してから近年ずっとじゃあなぜそれをしない、と。

2017年2月にある人にメールで送った文章の一部。今がその時。

f:id:x5gtrn:20200713234503p:plain
当ビル602に手書きでかかれている屋号。

だから、まず、続けるんだ。止まるな。やるしかねぇんだ。